現場ウォッチ

ドッジボール大会で盛り上がる裏で謎解きが白熱!㉜ NEW

南区の白水学区子ども会小学1年生~6年生を対象にした謎解きとドッジボール大会に、アシストバンクより1組の講師と活動アシスタント5名を派遣させていただきました。
役員さんからの事前のご相談では、
「ドッジボール大会は低学年と高学年で分かれて試合を行う。その裏で待っている子どもたちを楽しませる何かをやりたい!」というご希望をヒアリング。その中から、アシストバンクで複数の企画や講師をご提案し、見積や予約サポート、講師との事前の打ち合わせ等を経て、無事当日を迎えました!

講師による謎解きとドッジボール大会の様子をご紹介します!

<学校の中にヒントが隠れてる!謎を解き明かせ!!>
桑原先生による謎解き。
学校の廊下にはヒントが貼ってあり、子どもたちは真剣に謎を解いていました。
「これで合ってる?」
「ヒント教えて!」
と桑原先生のところへ集まる子どもたち。
「さぁ、どうかな」
桑原先生もなかなかヒントを教えてくれません(笑)

活動アシスタントも謎解きの重要なキャスト。

<ドッジボール大会で活動アシスタントの審判も活躍!>
ドッジボール大会は低学年も高学年も大盛り上がり!
「当てられる!逃げろ~!」
「当たった!やった!」
まわりの保護者からも大声援。

活動アシスタントが審判をお手伝い。スタートのボールトス、ボールに当たった子どもを外野へ移動するよう促す、隣のコートから転がってきたボールをさばく等、子ども会の役員の方々や地元のドッジボールクラブWhite.Jadeさんとも協力して審判を行いました。

<今回ご活用いただいだ子ども会役員の方からの声>
「謎解きで子どもたちが一生懸命チャレンジして、楽しんでいた」
「子ども会役員が謎解きの運営に入らなくても桑原先生や活動アシスタントが盛り上げてくれて助かった」
「活動アシスタントがドッジボール大会の審判をしてくれて助かった」

アシストバンクでは子ども会の行事講師やアシスタントの派遣などを行っています。お気軽にアシストバンクまでお問い合わせください。