現場ウォッチ

ドッジボール大会と謎解きで大盛り上がり!子ども会レポート㉕名東学区子ども会 NEW

3月10日、名東区名東学区主催の「ドッジボール大会」が開催され、アシストバンクからは当日のサポートとして「活動アシスタント」4名を派遣しました。
役員の方が大会運営をスムーズに行えるよう、ドッジボールの審判と謎解きブースの運営を行いました!

低学年はトーナメント形式で行われ、高学年の部は総当たりで行われました。

それぞれのチームの人数にばらつきがありましたが、役員さんや子どもたちのアイデアで人数が少ないチームに渡される「いのちシール」が導入され、人数の制約でチームに入れない子どもが少なくなる形となっていました!

低学年がドッジボールをしている間は、高学年が謎解きをするなど、子どもたちが待機している間も退屈しないように工夫されていて、子どもたちもとても楽しそうでした!

試合中はみんな真剣な表情でしたが、謎解きの問題が解けた時には優しい飛び切りの笑顔が溢れていました!

子どもたちは謎解きに熱中し、用意していた謎をすべて解き終わってしまったため、途中からは活動アシスタントが即席で問題を作成し、子どもたちに謎解きを楽しんでもらいました!

審判を担当した活動アシスタントは、各チームの保護者や役員の方とやり取りを行いながら、試合が円滑に進むようにサポートしました。また、コートで試合が行われていない間にも子どもたちとドッジボールをするなどして、子どもたちが最大限楽しめるように運営補助をしていました!

大会終了後のグラウンドの整備や片づけなど、最後までしっかりお手伝いをさせていただきました。

全体を通して、子どもたちが一番楽しめる形を突き詰めた内容のイベントで、イベント中のみでなく、準備段階からも役員さんの熱意を強く感じました。本当にお疲れ様でした!

アシストバンクでは子ども会の行事講師やアシスタントの派遣など行っています。お気軽にアシストバンクまでお問合せください。